名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


器械『秋田モルグ・クロニクル』全レビュー

少女の顔に少女以外の何かがくっつている。 初めてそれを見た時、私がどう思ったのか、もう覚えていない。 ――『Hollow Museum』 以下は『秋田モルグ・クロニクル』収録作の全レビューである。akitamorgue.booth.pm 『秋田モルグ・クロニクル』とはなにか。 …

日本姉SF傑作選を編む。

お願いだから戻ってきて、置いていかないで、と頼んでみても、姉はもうどこにもいない。 ――ケヴィン・ウィルソン「今は亡き姉ハンドブック:繊細な少年のための手引き」 日本姉SF短篇傑作選を編む。 2000年代海外SF傑作選 (ハヤカワ文庫 SF エ 7-1)発売日: 2…

おまえはネコにふれるたびに人生をセーブする。ーー『Ikenfell』

ゲームの説明に必要なことは他で書いたので、ここでは書きたいことだけ書きます。store.steampowered.com 姉について 姉は何も教えちゃくれない。『Ikenfell』は失踪した姉を探す妹の話だ。その妹が姉と出会えるのはラスボス戦直前で、直接会話するのはエン…

落ちる。――『Fall Guys: Ultimate Knockout』

六十名からなる豆人間たちがひとところに集まって「ゲームショー」をやらされる。「エピソード」=ステージごとに二割から三割程度が失格となり、最終的にたったひとりが勝者となる。 わたしたちは Fall Guys でサバイバルのなんたるかを初めて知ることにな…

『レキヨミ』も読まずに天国へ行くつもりかい?

神。信頼。犠牲。正義。 信心。望み。愛。 言うまでもなく、”姉”も。そう、そう。これはいつだってそう。 ーーマーガレット・アトウッド『昏き眼の暗殺者』鴻巣友季子訳 レキとヨミは姉妹です。森の奥にふたりで暮らしています。妹のヨミは薬を作る才能はあ…

共同制作者という名の悪夢:『Night in the Woods』の制作とアレック・ホロウカの死【翻訳】

訳者前書 ・以下は Night in the woods 共同開発者のひとり Scott Benson が同じく共同開発者だった Alec Holowka の自死(2019年8月)に関して2019年9月に寄せた文章の訳である。 medium.com・ホロウカの死の背景については以下の記事から。 automaton-medi…

2020年上半期のベスト映画5作

つってもコロナで数ヶ月くらい新作映画観られなかったんですけどね。いやまあ新作は配信でもありましたが。配信もなんかどん詰まってなかった? そういうわけで例年より新作映画に接する機会が少なかったので、毎年20作くらい挙げる上半期ベストも五作に絞り…

わたしたちは思った以上にゾンビなんだ。ーー『デッド・ドント・ダイ』について

気がふさぐと、いつもゾンビどものせいにするんだから。 ーー『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 www.youtube.com 大量消費主義の問題、ロメロの映画に織り込まれている問題は悪化しているだけだ。何も変わっちゃいない。僕たちは彼の映画で警告さ…

村に捧げるアリ・アスター全短編レビュー

"In fact, I've described the film as a horror movie about codependency. I guess I hope that people will feel unsettled.”https://refinery29.com/en-us/2019/07/235908/midsommar-hereditary-connection-cult 前回までのあらすじ The Strange Thing A…

四月に遊んだゲーム:『グノーシア』、『Ori and the Will of the Wisps』、『Life is strange 2』、『Final Fantasy VII REMAKE』他

いつのまにか映画を観られない世の中になってしまって、本も読めない気分になってしまいました。しかし、かなしむことはない。そういうときはゲームがあります。 というわけで、四月はずっとゲームを遊んでいたのです。 基本的には全作おもしろかったのでオ…

友人がうちにやって来たときに見せる用のアニメ6選

あけましておめでとうございます。2083年も変わらぬご愛顧のほどをよろしくおねがいします。 わたしが子どものころ、なぜかひとびとが極端に他人に会いたがらない時期がありまして、疫病のせいとも地球がうつ病にかかったせいともいわれましたが、とにかくま…

死に場所を選ぶ:Ori and the Blind Forest のセーブシステムについて

Celeste がそのままモチーフに用いていることからわかるように、死に覚えプラットフォームアクションは登山行為に近い。 Ori and the Blind forest がとりわけ登山めいて感じられるのは、おそらくセーブシステムのせいだろう。 スキルポイントを消費してセー…

圧 vs 子どもたち――『たまご他五篇 光用千春作品集』

きちんとしないと きちんとするのが 普通。 きちんとしたら きちんとしないのが 普通。 (中略) どうしてみんな どこで教わるの。 試験とかあったのかな 普通認定試験。 だとしたら私は 教科書を もらい忘れたんだ。 (本編より) 一月はその年の基準となる…

新潮クレスト・ブックス全レビュー〈11〉:『靴ひも』ドメニコ・スタルノーネ

ドメニコ・スタルノーネ『靴ひも』、Lacci、関口英子・訳、イタリア語 その資料が果たして私なのだろうか。読んだ本に引かれた下線が私なのだろうか。本のタイトルや引用文にびっしりと書き込まれた紙が私なのだろうか。(中略)二十歳のときに認(したた)…

縛る手、浮かぶ足、結ぶ手、踊る足――『ジョジョ・ラビット』について

(『ジョジョ・ラビット』のネタバレを含みます) 今日は踊ってください 未来には期待したいし ――「POSITIVE feat. Dream Ami」tofubeats 手 『ジョジョ・ラビット』が靴の映画であり、足の映画であることは観た誰もがわかることだけれど、劇中でまず映るの…

新潮クレスト・ブックス全レビュー〈10〉:『西への出口』モーシン・ハミッド

モーシン・ハミッド『西への出口』、Exit West、藤井光・訳、英語 私達はみな、時のなかを移住していく。 (p.167) 西への出口 (新潮クレスト・ブックス)作者:モーシン ハミッド出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2019/12/24メディア: 単行本 内戦下にある国…

2020年にアメリカで公開され(そうになって)る期待の新作映画リスト

公開日はアメリカ合わせ。調べ方が雑なので合ってないかもですが。(参考サイト) https://editorial.rottentomatoes.com/article/most-anticipated-movies-of-2020/ https://www.slashfilm.com/most-anticipated-movies-of-2020/ https://filmschoolrejects…

まるで天使のようなサム・ロックウェルーー『リチャード・ジュエル』について。

(本記事は『リチャード・ジュエル』の重大なネタバレを含みます) ーーイーストウッドさん、最近のあなたは実際にあったヒーロー的な出来事に惹かれているようですね。なぜこうした物語があなたに芸術的なインスピレーションを与えるのでしょうか?イースト…

第92回アカデミー賞全部門の受賞予想

短編アニメーション部門ノミネート作「kitbull」より ハリウッドスターはみんなうそつきだ。 ハリウッド映画はすべてたわごとだ。 リアルなのはオスカーの予想だけ。 ノミネーション発表から各組合賞の結果が出るまでの間の今この瞬間に行われる予想だけがバ…

新潮クレスト・ブックス全レビュー〈9〉:『トリック』エマヌエル・ベルクマン

エマヌエル・ベルクマン『トリック』、Der Trick、 浅井晶子・訳、ドイツ語 「魔術っていうのは、素晴らしく美しい嘘なんだよ」 p.141 トリック (新潮クレスト・ブックス)作者:エマヌエル ベルクマン出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2019/03/29メディア: 単…

2019年に5巻以内で完結した面白マンガ10選+α

火は、地獄で生まれた言葉の最終目的地だった。 ーー『日々の子どもたち』、エドゥアルド・ガレアーノ proxia.hateblo.jp 選定にあたってのレギュレーション ベスト10選 1.魚豊『ひゃくえむ。』(全5巻、マガジンポケットコミックス) 2.模造クリスタル『ス…

2019年の新作映画ベスト25と、その他について

ベスト10 1.『マリッジ・ストーリー』(ノア・バームバック、米) 2.『スパイダーマン:スパイダーバース』(ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン監督、米) 3.『僕たちのラストステージ』(ジョン・S・ベアード、英米カナダ) 4.…

ネトフリに入った『サウスパーク』S15〜S21の入門用エピソード10選

オープニングソング「サウスパークを観るのうた」 (オ〜オ〜オ〜〜〜) ネトフリにサウスパークが やってきた(やってきた) サウスパークを観よう サウスパークを観よう チャンネルまわせば顔なじみ どこかで見たおぼえはあるけれど 実際に視聴したことは…

そんなところで何してるんだい、文学フリマ野郎?

これからしばらく文学について何かと書かなければならない。その実物はともかく、文学という言葉は今日よく行き渡っているようで、文学と言えば相手は何か解った風な表情になる。これは外国では余りないことらしいから、そのことから直ぐに、日本人というも…

2010年代のTVアニメ/海外アニメ/アニメ映画の年別ベスト

背景 highlandさんが「テン年代のTVアニメベスト10」という企画? をやっていたので便乗していろいろ考えます。考えるうち、海外のやつも映画もやりたいなー分けたいなーとおもったので、全部やることにしました。 わたしはそんなにTVアニメを見る人ではあり…

クリシェじゃないのよ。ーートレイ・エドワード・シュルツ監督『クリシャ』について

(Krisha, トレイ・エドワード・シュルツ監督、2015年、米) 『クリシャ』について Krisha (2015) Official Trailer 最近の、あるいはむかしからそうだったのかもしれないけれど、アメリカのインディー映画は一幕目で出した銃を三幕目で撃つより、銃がなぜそ…

twitterのアカウントが消えた。

おまえがメキシコに戻ってきたのは、生者といるより死者といるほうが落ち着くからだ。 ――ドン・ウィンズロウ、田口俊樹・訳『ザ・ボーダー』 【あらすじ】 10年くらいやってた twitter のアカウントが消えた。https://twitter.com/nemanoc 【経緯】 ふだんい…

原作をそのままやってもやれなくて。――リメイク版『ライオン・キング』について

(The Lion King, ジョン・ファヴロー監督、2019年、米) ふだんはあんまり愚痴っぽい感想を書かないようにしているんですが、今回だけは思い入れの強さが段違いなので許してください。 原作厨モードなので「オリジナル版」との比較ばかりとなっております。…

東京になる、あるいは少年は如何にして「大丈夫」になったか?――『天気の子』について

注意:本記事は新海誠『天気の子』の重大なネタバレを含みます。(『天気の子』、weathering with you、新海誠監督、日本、2019年) 彼はその海岸で、ひとにぎりの砂をすくう。それが「世界」だ。もちろんそれが現実に広大さをたずさえた世界であるはずがな…

2019年上半期に観た新作映画ベスト20

子供の頃に観たあの映画 あの夢と希望 現実なんて信じないで 私は映画が好き weyes blood, "Movies" こうして上半期の映画ベストをきめるのも死んだ魚を錐でついたときに起こるけいれんじみてきておりますですが、でもまあ、いってみればブログの記事なんて…