名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


世界幻想文学大賞短編部門受賞作リスト

(2013年2月更新)
補完と一覧性確保のため、なんとなく作った。邦訳の雑誌収録分は『S-Fマガジン』以外省いてる。


参考サイト:
『翻訳作品集成』http://homepage1.nifty.com/ta/award/wfc.htm
『The Internet Speculative Fiction Database』http://www.isfdb.org



(2013年2月現在)全42編、既訳28編(うち単行本収録済17編)

70's: 全5、既訳3(2)

ロバート・エイクマン「Pages From a Young Girl's Diary」→未訳、電○:『Cold Hand in Mine』
フリッツ・ライバー「ベルゼン急行」→SFM1998・11
ラッセル・カーク「There's a Long, Long Trail A-Winding」→未訳、電×: 『The Princess of All Lands』
ラムジイ・キャンベル「煙突」→『クリスマス13の戦慄』新潮文庫(アンソロ)
アヴラム・デイヴィッドスンナポリ」→『どんがらがん』奇想コレクション

80's: 全13、既訳8(7)

ラムジイ・キャンベル「Macintosh Willy」→未訳、電×: 『Alone with the Horrors: The Great Short Fiction of Ramsey Campbell 1961-1991』、『Dark Companions』、『Dark Feasts: The World of Ramsey Campbell』
エリザベス・A・リン「月を愛した女」→SFM1998・11
ハワード・ウォルドロップ「みっともないニワトリ」→『80年代SF傑作選』ハヤカワ文庫、SFM1982・9
スティーヴン・キング「入り江」→『スティーヴン・キング短編傑作全集3』扶桑社ミステリー文庫
デニス・エチスン「Dark Country」→未訳、電×:『Dark Country』
タニス・リー「ゴルゴン」→『ゴルゴン -幻獣夜話』ハヤカワ文庫
タニス・リー「彼女は三(死の女神)」→『悪魔の薔薇』奇想コレクション
スコット・ベイカー「Still Life with Scorpion」→未訳、電×:『Under African Skies (Future Earths)』(アンソロ)
アラン・ライアン「The Bones Wizard 」→未訳、電×:『The Bones Wizard』
ジェイムズ・ブレイロック「ペーパー・ドラゴン」→『80年代SF傑作選』ハヤカワ文庫、SFM1987・12
ディヴィッド・J・ショウ「赤い光」→『震える血』(多分アンソロ)祥伝社文庫、SFM1990・5
ジョナサン・キャロル「友の最良の人間」(「最良の友」)→『パニックの手(ジョナサン・キャロル短篇集1)』創元推理文庫、『幻想の犬たち』(アンソロ)扶桑社ミステリー文庫、SFM1987・5
ジョン・M・フォード「 Winter Solstice, Camelot Station 」(詩)→未訳、電○(無料):『The Alchemy of Stars』(p75から)http://books.google.co.jp/books?id=vy9L08MQKkIC&printsec=frontcover&hl=ja#v=onepage&q&f=false

90's: 全11、既訳7(5)

スティーヴン・ミルハウザー「幻影師アイゼンハイム」→『バーナム博物館』白水uブックス、福武文庫
ニール・ゲイマン「夏の夜の夢」(コミック)→『サンドマン (5) (DC COMICS VERTIGO) 』インターブックス
フレッド・チャペル「The Somewhere Doors」→未訳、電×:『Ancestors and Others: New and Selected Stories』他
ダン・シモンズ「最後のクラス写真」→『夜更けのエントロピー奇想コレクション、SFM1998・11
ジョー・ホールドマン「死者登録」→SFM1996・9
フレッド・チャペル「The Lodger」→未訳、電×:『Ancestors and Others: New and Selected Stories』
スティーヴン・キング「黒いスーツの男」→『第四解剖室』新潮文庫
ギネス・ジョーンズ「The Grass Princes」→未訳、電×:『Myth-Understandings』(アンソロ)、『Seven Tales and a Fable
ジェイムズ・ブレイロック「十三の幻影」→SFM1998・11
P・D・カセック「Dust Motes」→未訳、電×: 『The Year's Best Fantasy and Horror: Eleventh Annual Collection』(アンソロ)、『Ghost Gothic』(アンソロ)
ケリー・リンクスペシャリストの帽子」→『スペシャリストの帽子』ハヤカワ文庫、

00's: 全10、既訳7(2)

クラウド「チョップ・ガール」→『夏の涯ての島』早川プラチナファンタジイ
アンディ・ダンカン「ポタワトミーの巨人」→SFM2002・3
アルバート・E・カウドリー「Queen for a Day」→未訳、電×:『The Magazine of Fantasy & Science Fiction October November 2001 (Volume 101, No. 4&5)』(雑誌)
ジェフリー・フォード「創造」→SFM 2004・3
ブルース・ホランド・ロジャース「Don Ysidro」→未訳、電○(無料):『infinitplus』http://www.infinityplus.co.uk/stories/donysidro.htm
マーゴ・ラナガン「沈んでいく姉さんを送る歌」→『ブラックジュース』奇想コレクション
ジョージ・ソーンダーズ「CommComm」→未訳、電○(無料):『ニューヨーカー』http://www.newyorker.com/archive/2005/08/01/050801fi_fiction
リッカート「王国への旅」→SFM2009・12
シオドラ・ゴス「アボラ山の歌」→SFM2009・12
キジ・ジョンソン「26モンキーズ、そして時の裂け目」→SFM2010・3

10's 全3、既訳3(1)

カレン・ジョイ・ファウラーペリカン・バー」→SFM2011・3
ジョイス・キャロル・オーツ「化石の兄弟」→『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』河出書房新社
ケン・リュウ「紙の動物園」→SFM2013・2


補記と雑感

・『S-Fマガジン』1998年11月号は「世界幻想文学大賞ブラム・ストーカー賞特集」: 「最後のクラス写真」、「月を愛した女」、「ベルゼン急行」、「十三の幻影」を収録。(http://homepage2.nifty.com/te2/m/sfm1998.htm
・チャペルの『Ancestors and Others: New and Selected Stories』には受賞二作が併録されている。どちらも未邦訳。
・エチスンの『Dark Country』の表紙がハヤカワ文庫の『人間以上』の旧表紙っぽくて怖i.
・コミック(ゲイマン)や詩(フォード)まで受賞してる懐の広さ。