名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


森見登美彦『太陽の塔』(新潮文庫/2003)

太陽の塔

太陽の塔

森見登美彦に対して抱いている感情は東野や伊坂に対して抱くそれとは似て非なるものであって人気作家への嫉妬ではなくて群がるオシャレ気取りの似非サブカルどもに対する「貴様らに森見の何がわかる」というルサンチマンにも似た嫉みであるのだけれど森見登美彦の小説は基本的に清く美しい少女漫画的恋愛小説の文法に沿って作られているのだし何もわかっていないのはむしろこちらの方なのだと気づくと少し涙もでるがそれでもまだ森見を憎みきれないところに偏狭な本読みとしての限界があるのだろう。