名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


2014年9月の新刊

シャーロット・ブロンテ全詩集』彩流社
フレッド・ウェイツキン『ボビー・フィッシャーを探して』みすず
ブルース・チャトウィン 『ウッツ男爵 ある蒐集家の物語』白水u
岸本佐知子編 『変愛小説集 日本作家編』講談
谷崎潤一郎対談集 藝能編』 中公
ジョン・ル・カレ誰よりも狙われた男』ハヤカワNV
A・E・コッパード 『郵便局と蛇』ちくま文庫
アーネスト・ヘミングウェイ老人と海』古典新訳
リー・チャイルド 『最重要容疑者 上・下』講談社文庫
高野文子 『ドミトリーともきんす』
『挿絵画家 カイ・ニールセンの世界』 『エドマンド・デュラックの世界』河出
山田宏一蓮實重彦トリュフォー 最後のインタビュー』平凡社
イアン・マキューアン 『甘美なる作戦』新潮クレスト
トマス・ピンチョン重力の虹 上・下』新潮
ボリス・ヴィアン 『夢かもしれない娯楽の技術』水声社

中島かずきキルラキル 脚本全集』角川
森川智喜『なぜなら雨が降ったから』