名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


10月の読書まとめ

68+漫画72

Tokyo Space Diary

Tokyo Space Diary

書評の理想形。形だけは。

ねじれた文字、ねじれた路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

ねじれた文字、ねじれた路 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

友情ですよ。二人の距離感に徹底的にしてやられた。

夜の真義を

夜の真義を

この序文がすべて; 「私が求めたのは真理ではなく真義だったのかだら」

ロコス亭 (奇人たちの情景) (創元ライブラリ)

ロコス亭 (奇人たちの情景) (創元ライブラリ)

死を孕む女の話が面白くないわけない。

エージェント6(シックス)〈上〉 (新潮文庫)

エージェント6(シックス)〈上〉 (新潮文庫)

探偵の絶望と帰還。三部作の最後にして最高傑作。

アンダー・ザ・ドーム 上

アンダー・ザ・ドーム 上

ラストのカタストロフィのために練られていく過程すべてがなおスペクタークル。

バウドリーノ(上)

バウドリーノ(上)

『東方見聞録』×『ガリバー旅行記』×『アラビアの夜の種族』×歴史ミステリ。恋文を捏造し、聖人を創造し、架空の国をでっちあげる稀代の大ボラ吹きが皇帝フリードリヒを動かす。エーコが破格なのは文学性だけでない。


007 白紙委任状

007 白紙委任状

ちゃんと007でありつつディーヴァーしてる不思議な書物。

機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)

機龍警察 自爆条項  (ハヤカワ・ミステリワールド)

カッコいい近未来警察vs テロリスト小説が読みたかったら間違いなくコレ。

鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

ナイスバカミスなのはトリックの質を極限に高めた結果としてそうあるから。

こういう凄まじい思いを抱いた世代がいた。こういう凄まじい小説を書く作家がいた。こういう凄まじい山風ミステリを気軽に読める時代は幸せだ。

エリア51 1 (BUNCH COMICS)

エリア51 1 (BUNCH COMICS)

古今東西の神々や精霊が集うアングラ街で探偵業を営む女探偵のハードボイルドスタイリッシュアクション。面白くならない要素がない。バステトがかわいい。

きのこいぬ 1 (リュウコミックス)

きのこいぬ 1 (リュウコミックス)

ただの癒し系かと思ったら、まあ、癒し系なのだろうけど、なんだろうね、ある種、なんでもなさを突き抜けたなんでもなさがあるですよね。

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

ヘルタースケルター (Feelコミックス)

女の情念は燃やし続けるとコンテンツになりうる。

冒険エレキテ島(1) (KCデラックス)

冒険エレキテ島(1) (KCデラックス)

ああわかってるさ。どうせ二巻は出ない、二巻はでないんだ……。

夢幻紳士―高橋葉介セレクション マンガ少年版 (ASAHI COMICS)

夢幻紳士―高橋葉介セレクション マンガ少年版 (ASAHI COMICS)

クレイジーピエロと腸詰工場が入ったお得なセット。