名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


『デッドプール』と人間の條件

Deadpool、ティム・ミラー監督、レット・リース&ポール・ワーニック脚本、2016


 君たちに問う!! 君たちは人間か!!


 『人造昆虫カブトボーグV×V』


あんまりまとまった感想がおもいつかないし、映画の『人間の條件』とは関係ない。



映画『デッドプール』予告編

感想その一:TJミラー最高説。

 TJミラーのクズっぷりとコロッサスのバカっぷりがすばらしい。みんなも『シリコンバレー』観ような。


感想その二:ヒーローにやりますか、人間やめますか。

 幻想は挫折をともなう。
 マーベル・シネマティック・ユニバースにおけるキャプテン・アメリカもアイアンマンも、アメリカン・ドリームを体現し、そしてことごとく打ち砕かれてきた。

 デッドプールはアメリカなどという大きな単位に幻想を抱かない。不幸な境遇から9.11後の戦場へと身を投じた彼は、最初からアメリカが何も施してくれず、「ヒーロー」という御仕着せの称号になど何の意味もないことを知っている。
 デッドプールになる前の「ウェイド・ウィルソン」としての彼は、やや粗暴で壊れた感性の持ち主であるものの、自分にできる範囲で弱きを助け強きを挫く、等身大のヒーローだった。
 そんなウィルソンは不死身の超人となりマスクをかぶりデッドプールへと変身することで逆にヒーローではなくなってしまう。笑いながら雑魚をいたぶり、冗談半分で拷問を加える。

 彼の目的は正義ではない。

 願いはただひとつ、元の顔に戻ること。仇役エイジャックスによる超人改造手術の影響でフリークスと化した顔面を元の美男子に整形し、愛する恋人のもとへ帰ること。つまりは、人間に戻りたい。裏をかえせば、今の自分を人間だとは看做してはいない。


 だから、自分の身体をモノとして扱う。
 鋼の肉体を持つ男コロッサス(彼の身体もやはりマテリアルだ)を殴りつけようとして腕が折れ、折れると知っても左腕で殴りつけて両腕を折り、さらにダメ押しとして右足で絶望的な蹴りをいれてやはり折れる。
 片手を手錠につながれてコロッサスに連行されそうになると、自由なほうの手でナイフを取り出して手錠につながれた手首を切りおとし、ゴミ収集のトラックへとダイブする。モノどころか、ゴミだ。
 雑魚との戦闘中も避けることはほとんど考えず、ケツに被弾するのは日常茶飯事。
 他人の身体に至っては、もはや数に過ぎない。何人殺したか。銃弾何発分か。*1

 ライバル・エイジャックスもなかなかひどい。彼もまた自分の身体を人間のものとして考えていない。不死身能力こそないものの、デッドプールと同じ手術を受けた影響で、異常な反射能力と引き換えにあらゆる感覚を失ってしまった。
 戦闘中、デッドプールの愛刀によって劇中、何度も串刺しの目に合うのだが、そのたびにおよそ常人ばなれした手段で危機を脱する。

まだ人間じゃない

 多くのヒーロー映画がそうであるように、エイジャックスもまたデッドプールと鏡写しの存在だ。
 ではデッドプールとエイジャックスを分かつ点はどこか。
 人間であろうとする意志だ。

 エイジャックスはデッドプールに何度も「俺の名を言ってみろ」と詰問する。エイジャックスの本名はフランシス・フリーマンという。超人化後に人間でなくなった自分に順応した彼は、人間時代の名を捨て去ってエイジャックスの名に誇りを持つようになる。
 ところがひょんなことからデッドプールに本名を知られ、以後彼だけからは「フランシス」呼ばわりされてしまう。それがエイジャックスには気に入らない。
 まるで高校デビューした男子が中学生のころのアダ名で呼ばれるとキレるみたいなノリだが、まあ心性としては変わらないと思う。
 人間を超えたはずの自分を人間として扱うなど、許せない。
 エイジャックスは、だから、「エイジャックス」としての自分をデッドプールに認めるように終始しつこく要求する。
 何が何でも人間に戻ろうとするデッドプールとは対照的なところだろう。逆にデッドプールはエイジャックスに対して「顔を戻せ」と何度も要求する。


 ところで人間になるとはどういうことだろう。現実にあっては議論がいろいろあるんだけれども、本作におけるそれは、「互いに直視しあうことのできる存在である」と定義される。
 人が怪物を見ることを嫌うのではない。怪物が人から見られることを嫌う。ゆえに、デッドプールは盲目のヤク中ババア、アルを同居人に選んだ。
 彼が仮面*2を外し、そして誰かから外してもらうという行為には、それだからこその意味がある。自分から外すだけでは不十分だ。
 そう、誰かが、やさしく、ジェントルにムいてあげないと……ん?

 あれ? 途中までいい話ダッタンダケドナー??



デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース (MARVEL)

デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース (MARVEL)

デッドプールパニッシャーさんがマーベルヒーローを殺しまくるだけの漫画です。

*1:皮肉なことにと、言うべきか。人間を人間として扱わない本作だからこそ、「顔を持った人間」が強調して現れる瞬間がある。本来顔を持たない雑魚敵がウェイド・ウィルソン時代の戦友だったと判明する瞬間がそれだ。他のマーベル映画ではなんの斟酌もなしにぶち殺されまくる雑魚にも子どもや妻が、家族がいるのだと描写される居心地の悪さが心地よい

*2:まあ観た人は意味がわかる