名馬であれば馬のうち

読書、映画、その他。


読書、映画、その他。


2016-03-03から1日間の記事一覧

フィクションにおける切腹の偽史のためのメモ

木下昌輝の幕末怪奇連作短編集『人魚ノ肉』を読んだ。読書会の課題本です。 そういうわけで近頃、切腹についてよく考える。 『人魚ノ肉』には切腹メインの話が二編、収録されている。 片方は唐突な切腹死を遂げた山南敬助の謎を沖田総司が探偵役として(?)…